引越し費用を節約する最大のポイントは、良い引越し業者を選ぶことです。簡単に決めずにしっかりと吟味してから決めましょう

引越しをする時には色々な手続きをしなければい

引越しをする時には色々な手続きをしなければい

引越しをする時には色々な手続きをしなければいけませんが、仕事をしている場合に特に大変なのが市役所での手続きです。
住民票の転入と転出があるので、最低でも二回はわざわざ行かなければなりません。市役所は平日しか開いていないので、引越しのためにさらに休みを取らないといけないといったことになります。ただ今、引越しのサカイは、引越しのサカイ、イエス!パンダマークがトレードマーク。その名のごとく、大阪府堺市に本社があります。



おなじみのCM、「勉強しまっせ引越しのサカイ、ほんまかいなそうかいな」というフレーズも、まさに関西弁ですね。他の大手引越し業者と比べて引越し料金が安く、作業が丁寧であるゆえ、リピーターも増加中です。

引っ越し作業を業者に任せないで、できるだけ自分で引っ越し作業を進めたい場合は荷造りにおいて、荷物の数を少なくする工夫をした方が良いです。



一般の自家用車で、荷物を運ぶのが基本になりますので、詰め込みやすくするための工夫をします。
大きすぎないダンボールを使って荷造りをしたり、食器などの割れ物は、Tシャツなどの衣類にくるんで梱包する、こんな風にして、包み紙の使用を防いで、その結果、荷物の嵩が減ってついでに衣類も梱包できる、そんな小技でもあります。


こうして、荷物の圧縮を行って、なるべく少なく小さく、パッケージングします。新居に移ってちゃんとした生活を始めるためには、ライフラインをまず整えておく必要がありますが、これに加えてインターネット環境をちゃんとしておく、ということも大事なことです。
料金の件などで、現行の契約に納得がいっていないならこれを機に解約してしまうと良いのでしょうが、特に不満もなく、このままでいい場合は、プロバイダとの契約は続けて住所変更のみ行いましょう。



ただ、新居でそのプロバイダが利用不可、ということもあり得ますので確認しましょう。



また例えば、新居にネット環境が全くないとなると設備を新設する工事もしなければいけなくなります。そういったこともあらかじめ、考えておくと良いでしょう。

姉が今住んでいるアパートから育った家の我が家に舞い戻ってくることになりました。引越のため、私と母が、移動する前の日に引越の準備の手伝いに行きました。10年住んでいた部屋らしく、不用な品の数が想像できないような事になっていました。不用品を売却していまうと、軽トラの荷台の約半分になり、さほど苦労せず引越ができました。数年ほど前、パパの転勤のために引越しすることとなりました。

主人も私も実家生活で、引越しというものを経験したことがありません。



未経験ながら、なるべく安くすませたいと私たちで荷造りしました。段ボールとガムテープは業者に借りられましたが、その他に、新聞紙も必要不可欠なものでした。割れ物を包むほか、緩衝材としてとても使えるものでした。引っ越しの荷物が全て積み込まれるのに、時間がどれくらいかかるかは毎回変わります。部屋の階数、荷物の個数、そして作業する人数などにより甚だしく異なってくるからです。

そういったことを踏まえて、ということになりますが、単身の、最もコンパクトな引っ越しの場合で約30分、他と比べて相当荷物が多いご家庭の引っ越しなら約2時間くらい、普通の一般家庭の荷物であれば、30分から2時間くらいの間で済むと思っていて良いでしょう。

日取りも決まって、さて引っ越し作業を始めようという時、手元になくてはならないものとしては、当然、ダンボールでしょう。

荷物を運ぶには、梱包しなければなりませんが、この時にダンボールが必須です。


軽い物は大きい箱に、重い物は小さい箱に、などと使い分けができると便利ですので、大小の種類がいくつかあった方が使い勝手が良いでしょう。


家中の物を詰め込んでいきますし、人によってはかなりたくさん使うことになるでしょうから、念のため、数はあった方が安心です。さてダンボールの入手ですが、ホームセンターで買ったり、お店で使用済みのものをもらうこともできます。しかしながら、引っ越し業者の方でも、荷物運搬用のダンボールは用意していますから、これを使用するのが作業効率の点から見ても良いようです。
先日、土日を使って引っ越しました。引っ越しを終えた日に玄関の明かりをつけたとき、「これからここで生活するんだ」とジワジワきました。その日の夜は気も大きくなっていて、特別なごちそうとして宅配のピザとお寿司、お気に入りのワインを並べて引っ越しが無事終わったお祝いをしました。
まだ片付けや手続きはありますが、新生活を楽しんでいます。



引っ越しは居住地の移動であり、書面やウェブ上で届け出ますが、使い続けるために、変更することになるものもあります。

固定電話の番号は、その最たるものです。
最寄りのNTTに連絡して、引っ越し先で新しい電話番号を使うための手順を確認しておきましょう。

固定電話の番号は、市外・市内局番とその後の個別番号から成り立っています。

同一市内局番の地域内で引っ越すなら、電話番号の変更はありません。望みが叶うなら、引越しの日は晴れてほしいです。


もし、雨天だったら、大変だと思うのです。


そのままだと、すべて濡れてしまいます。

テーブルも椅子も、冷蔵庫でさえもです。雨が降らなかったら、そのまま運んでもよいのに、雨の場合は、シート掛けをしないといけません。
それだと、かなりの手間になるでしょうし、家具や家電が濡れるのもイヤです。
引越の時に立ち会って確認することは、面倒でもしっかりやっておかないと後で困ることになるかもしれません。
家賃を払って借りていた物件の場合には、不動産屋の担当者や物件のオーナーさんが立ち会うことになります。敷金の返還額を決める際に考慮されることですから、できるだけキレイになるように清掃しておいてください。また、リフォームを要するところを、当事者双方で確認し合うことで、トラブルを防ぐことにもつながります。今の住まいをどうやって決めたかというと、近所にあった不動産屋さんのお店に直接行って、部屋探しをしました。

その不動産屋さんで、私の担当をしてくれた人が、本当に親切で、対応が丁寧だったので、すっかり信用しまして、その方おすすめの物件から、今の部屋を選んだのです。近所に何軒かある他の不動産屋さんへも行ってみる気はあったのですが、別のサイト掲載の物件も、何の問題もなく紹介してくれると担当の方が仰るので、複数の不動産屋さんを巡ったりはせずにすんだのです。
専門業者の引っ越しでは、引っ越しの場所や日程などが決まれば、一社、あるいは複数の業者に見積もりを依頼し、その結果を十分検討した上で、今後の作業を正式に依頼します。


費用の問題で、荷物の全てまたは一部についてご自身で荷造りすることになれば段ボールなどの梱包材をもらっておき、引っ越し当日までに終えておきます。引っ越しの本番では、流れはすべて業者に任せて大丈夫です。単身世帯でも、大家族でも引っ越しでは必ずダンボールが必要になるもので、無料のダンボールを業者がサービスすることもありますが、業者によっては、お金を取るところもあります。

上手く入手できなければ、スーパーなどに行けば、ダンボールは無料で手に入ります。そうなるとサイズが揃わなくなります。
ダンボールは移動の時、たくさん積んで運ばれるので、同じダンボールを積むのでなければ計画的に積んでいく必要があります。

関連記事

Copyright (c) 2014 引越し費用を節約するためには、賢く業者を選ぶ事 All rights reserved.