引越し費用を節約する最大のポイントは、良い引越し業者を選ぶことです。簡単に決めずにしっかりと吟味してから決めましょう

引っ越しも一家で行おうとすると、結局は当日やら

引っ越しも一家で行おうとすると、結局は当日やら

引っ越しも一家で行おうとすると、結局は当日やらなければならないことが多く、一日作業に費やすでしょうから、引っ越し当日の前にできそうなことは終わらせておけば当日の負担が減ります。
まず、上下水道をはじめ、電気、ガスなど、引っ越し後スムースに使えるようにしておくことは忘れずにやっておいて、荷物の中でも、引っ越し当日まで使いそうなものは、他のものと一緒にせず、取り出しやすくしておき、さらにしまいやすくしておきましょう。


様々な理由で、数多く引っ越しを重ねてきた方以外は、往々にして、引っ越しは一生でも一つのターニングポイントになるかもしれませんが、数々の大変な事態に陥ることも十分考えられるのです。引っ越し当日はみんな忙しいのに、そこでたくさんのことを処理しようとして想定外の事態が生じると、当日の作業そのものが滞ることもあり得ます。
前日までの準備は万端にしておくことが必要です。



引越し会社に要請しました。

引越し業務に慣れたプロに頼った方が、安心だと考えたのです。



しかし、家具に傷を加えられました。このように傷が生じたら、保障はちゃんとしてくれるのかどうか心配です。泣き寝入り無しに、確実に償ってもらおうと思います。友人が紹介してくれたので、引越しのサカイに見積もりを出させてみました。非常に感じの良い営業スタッフがやって来て、しっかり相談に応じてくれたのです。
思いのほか安価に見積もってくれたので、その日に即断しました。
引越しそのものもものすごく丁寧な作業で、たいへん満足しました。
誰でもすぐ思いつくように、引っ越しに必要なものがいくつかあります。いわゆる荷造り用品の、ダンボール、テープ類、ひも等です。どこでも手軽に買えるものですが、業者を通した引っ越しならば、契約成立までに契約のお礼として引っ越しグッズを提供するサービスもあります。


契約すればただで手に入るものが、先に買ったものが無駄になったと泣かないように業者へ見積もりをお願いするところで念を入れて確かめてください。

引越しのため箱詰めしている時に予想外にも困るのがグラスの梱包の仕方です。



グラスをパッキングするには、まずは足の部分から梱包材を巻くことが大切です。梱包材と言うのは、必ずしも専用のものを使わなければいけないということではありません家の中にある新聞紙やタオル等で了解です。
その後、全体をぎゅっと梱包すれば、グラスが、割れる心配もすることなく運ぶことができます。引越し先で近所の家へ挨拶まわりに行くのなら、転居した当日に行った方が好ましいと思います。


引越しの騒がしさなどで、迷惑をかけたお詫びも兼ねて、丁重に挨拶をしておきましょう。



引越しを行う前に、一言挨拶をしておくとトラブルを防げるかもしれません。

どんな状況であっても、可能な限り早めに挨拶に行った方が、近所付き合いが楽になります。
新しい家に引っ越しが済んで、新住所での生活をスタートさせるならそれに伴い、運転免許証の住所変更手続きも必要になってきます。「免許証は所持しているだけで殆ど車は運転しない」という理由で、次回の免許更新の日を迎える時まで別にこのまま、放置で構わないと思っている人も大勢いるようなのですが、運転免許証というのは、運転時の携行以外にも使用することは多いです。

携帯電話の新規利用を申し込んだり、機種変更をする場合に使いやすい本人確認書類として重宝します。また、新しく口座を作ったりする時も本人確認書類は必要です。

そういったこともあり、住所変更手続きは早めに行っておいた方が良さそうです。


居住地を変えることにより、書面やウェブ上で届け出ますが、今後も使うためには、変えなければならないケースも多いです。例えば固定電話の番号は、転居したら変わることがありますね。



引っ越しの日が決まったところで、早めにNTTに連絡し、引っ越し後も電話回線を使うために、番号変更の手続きなどを知っておいてください。


NTTの電話番号は、市外・市内局番と個別番号で構成されており、同一市内局番の地域内で引っ越すなら、電話番号の変更はありません。

何事もそうですが、引っ越しも段取りで決まります。十分な大きさと量のダンボールを揃え、日程を考えて梱包作業を進めます。

引っ越すときまで使うものが紛れないようにしておき、用途や種類で大まかに分け、さくさくと梱包していきます。

何を入れたか、ダンボールの外側に書いておくとより片付けしやすくなるでしょう。
電気をはじめとし、ガス、水道、電話など、移動のための手続きも抜け落ちないように気をつけてください。引っ越し経験は割と多い方だと思いますが、そんな私が一つだけ、大勢の人に言いたいことがあるのです。「壊れる心配のある大事なものは、他人に任せたりしないこと」。
何度目かの引っ越しの時でしたが、運びこんでもらった荷物をチェックすると、いくつかの食器が割れてしまっていました。それが実は自作の皿で、大事にしてきたものでしたら、ショックは大きかったです。


ただ、値段のつくようなものではないので文句をつけるために電話したりなどはしませんでした。

以降、そういった壊れ物だけは、自分で大事に運ぶようにしています。


引っ越しがすんだら、市役所でいくつかの手続きをしていく必要があります。

後、近くの警察に行って、住所変更をする必要もあるでしょう。


本来、住民票の写しを渡すと、すみやかに手続をしてくれます。
手続きで変更された免許証の裏面には、新住所が記載されています。引っ越しにお金はあまりかけたくないという場合、頼りになる業者が赤帽でしょう。

中でもコンパクトな引っ越しにおいては評判の良い業者です。ほとんどが時間制の料金が適用されるので、荷物運びを手伝うことで引っ越し作業にかかる時間を出来ますから、率先してドライバーを手伝いましょう。


赤帽が使う運搬車は軽自動車ですが、意外とたくさん積められますから、安心して引っ越しが出来ます。引越しを行うにあたって、それまで暮らしていた家が借家の場合は原状回復義務が発生します。原状回復の義務というものは、借りていた時につけた傷や壊してしまったものを元の状態に戻すためのお金を支払う義務のことで、通常敷金からその分の費用を引かれて、残った分の敷金が返ってくるというような形となります。

待ちに待った年金生活ですが、日常生活そのものが一変します。
この機会に、生活環境を変えてみるのも良いかもしれませんね。今のお住まいがマンションであったとしても、持ち家であったとしても、これまでの生活から年金生活に入ることによって、住まいが合わないことも往々にしてあるものです。
まず考えられることとして、借家や賃貸マンション、アパートにお住まいでしたらおそらく、家賃負担は厳しくなるでしょう。よりよい環境を求めて引っ越すのも選択肢の一つでしょう。

関連記事

Copyright (c) 2014 引越し費用を節約するためには、賢く業者を選ぶ事 All rights reserved.