引越し費用を節約する最大のポイントは、良い引越し業者を選ぶことです。簡単に決めずにしっかりと吟味してから決めましょう

1年のうち、春や秋は引っ越しが多い

1年のうち、春や秋は引っ越しが多い

1年のうち、春や秋は引っ越しが多い季節です。この季節は就職や転職、大学入学といったイベントが多いことが要因だと言えます。
実際に引っ越しするとなると、手間がかかって面倒だという話を耳にしますが、詳細を聞いてみると、手続きがややこしいという点が指摘できるようです。



例えば、電気や水道、市役所など、二つの土地で行う必要がある手続きが重なるために、後で手続き洩れが出ないように、きちんとした計画を立てて作業をこなしていく必要があります。引っ越しするというイベントそのものは新しい気持ちにもなれて好きなほうなのですが、国民健康保険等の住所変更など、市役所へわざわざ行っていろいろな手続きを行わなければいけないところが、面倒くささを感じてしまいます。
こういう手続きについても、インターネットでsくっと家で行うことができたら助かるのにな、と思ってしまいます。私たちは家族揃って今年の春に引っ越しを経験しました。元の家を建て替えるために近くの一戸建てに引っ越しをしました。
荷物の移動は友人に手伝ってもらったので、引っ越し費用はゼロで済みました。
ただたった一つ苦労した点は、私が小さな頃から使用していたピアノが大きい上に重く、運搬する際に大変な思いをしたことです。引っ越し業者も星の数ほどありますが、その仕事に定評があるのはCMでもおなじみの引っ越しのサカイでしょう。支店は全国に170社以上あり、3500台以上の自社が保有する車によってその機動力を生かした引っ越しを期待できます。


細やかなサービスができるよう、どのスタッフも一定水準のサービスを行うのでいろいろなケースも信頼して任せることができます。


引っ越しにつきものの悩みと言ったら、やはりどの業者を選ぶのかですよね。


引っ越しを初めてする場合は、もっと困ってしまうのではないでしょうか。私が初めての引っ越しを経験した時は引っ越しのサカイにお願いしました。いろいろと調べたのですが、料金とサービス内容が一番良かったので選びました。


引っ越しの時に対応してくれた従業員の方が、親切に対応してくれたので、安心して任せられました。



その後の引っ越しは、いつも引っ越しのサカイにお願いしています。いつものところだと安心感がありますし、信頼感があるんですよね。



これからも、引っ越しの時にはサカイさんにお願いしたいと思っています。引越の際の掃除は半端じゃない作業です。

全部を家の外に出してから、もちろん、綺麗にそうじをしますが、その前から、少しずつでも整理しておくのが最終的に楽になります。



コツは荷造りより先に、家の掃除を始めることだと思います。

その結果、ラストに軽く掃除するだけできれいになります。



アタシは以前、分譲マンションでダブルベッドで毎晩眠っていました。
過去のいきさつで住居を手放し、スペースが限られた賃貸へ引越しすることになったのですが、ベッドが大きすぎて部屋に配置できないことがわかりました。



泣く泣く知り合いに譲り、何事もなく引越しを終えましたが、購入した新しいベッドは次に引越した時に入らないと無駄になるので、シングルにしました。

引っ越し行うのですが、その費用がどれくらいになるか大いに不安なのです。
仲間が以前、一人の引っ越しをした折には驚愕するくらいの費用がかかっていました。

その一言を聞いていたので、私は一体いくらくらい必要になるのか心配になっています。手始めは複数の引越し業者に、見積もりをとって頂こうと思います。



どんな引越しの場合でも、荷物をダンボールに詰めていく作業はわずらわしくても、欠かさずにやらないといけないことです。
やっておいたほうがいいこととしては、重量があったり壊れやすいものは小さい箱へ、かさばるものは、大き目の箱に詰めていくということが、何気に重要です。

荷物を入れたダンボールには品名だけではなく、引越し先の運ぶ部屋まで記しておくと引越しの際の荷物の運び出し、運び入れにとても助かります。借りていた部屋から引っ越す時は、最後に出て行く時には、なるべくきれいに掃除をしておきましょう。何か効果があると言いきったりすることはできないものの、ただ、部屋を管理する人の心証を、多少良くすることはできるでしょう。
これが敷金返還について良い影響があるかもしれません。

ところで、お掃除をするなら、落とすのが難しい汚れだったり自分で直せないような破損のことは、あきらめて、それ以上触らないようにしましょう。
あまり頑張って汚れや傷をいじると、最初より悪くなっていくことがあります。

コート類、スーツなどハンガーに吊してある衣類の荷造りをする時に引っ越し会社から借りることができる衣装ケースが存在しますから、これを用いるとハンガーにかけられている衣服の荷造りが、格段に楽になります。
普通のダンボールを使うと箱の中にたたんで詰める手間が必要となります。

でもこういった衣装ケースの場合は様々な種類の衣服を、ハンガーにかけられている状態のままでケースに収めていくことができるのです。



新居に到着したら、開梱してダイレクトにクローゼットなどの家具にかけていけます。

以前、引越しを経験しました。
引越し業者に依頼しましたが、それにも関わらずやはり大変でした。
何が骨が折れるかというと、諸々の手続きです。

行政区域が変われば、印鑑証明の前提となる印鑑登録も必要とされました。ほとんど必要ではないのですが、とりあえず登録しておきました。



引越し会社のアートは、テレビコマーシャルで見て知るところでありました。ドラエモンがイメージキャラクターであったため、子供の意見を尊重し引越しのアートにお願いしました。引越しのトラックへもドラエモンが描かれていて、子供も楽しんで引越しができたようです。



料金やサービスにも満足できたので、引越しのアートを選択しほんとによかったです。
どちらかといえば、引っ越しが多いほうです。



どのタイミングでガスを止めるか考えてしまいますが、引っ越し当日にガスを止めることが多かったと思います。
何度引っ越ししていても、引っ越しの前には身体を動かしていますし、汗もかいているので引っ越し前日には、夜遅くなっても温かいお風呂にじっくり入って疲れを癒やすのが楽しみでした。
そして、当日も、ガスを止めるまで温かいものが飲めれば気持ちが休まるのです。

私たち一家が新居に引っ越したときは、1歳の子供がいました。
こんな幼い子供でも環境が変わったことを感じ取って少しストレスを感じていたようです。引っ越しを機会に、たくさんあった子供のものももう使わないものを片付けていきました。そんな作業の合間に母子手帳があったので、今まで書いたところを改めて読みました。なんだか懐かしく思いました。

関連記事

Copyright (c) 2014 引越し費用を節約するためには、賢く業者を選ぶ事 All rights reserved.