引越し費用を節約する最大のポイントは、良い引越し業者を選ぶことです。簡単に決めずにしっかりと吟味してから決めましょう

引っ越しの準備として、忘れてはならないことの

引っ越しの準備として、忘れてはならないことの

引っ越しの準備として、忘れてはならないことの一つが引っ越し後にインターネット回線を使えるよう、プロバイダーへの移転手続きを済ませることです。

これが盲点だったという方も多く、これで引っ越し完了と思ったところで、ネット関連の手続きを見落としていたことにはじめて気づく、という悲劇は後を絶ちません。年度替わりの時期には、数週間待たないと工事ができないということもありますので、引っ越しの日をプロバイダーに伝えることは早めにしておくのが鉄則です。結婚に伴って転居したときに、利用したのはヤマト運輸の単身引っ越しサービスです。

専門の業者にお願いした引っ越しを初めて行ったので最初の電話から、緊張の連続でした。



最初から最後まで、それぞれのスタッフの方にてきぱきした対応、丁寧な作業で、荷物を任せるのに全く心配はありませんでした。

次の引っ越しでは人数も荷物も変わるでしょうが、お願いしたいというのが率直な気持ちです。家族が多く、荷物も大変な量になりますから、梱包などの作業も、多くをお任せしていますが、毎回の事ながら、心付けをいつ渡すべきか、困ることが多いです。お仕事に対する料金は、もちろん支払うわけですけれど、大変なお仕事を終わらせてくれた、素晴らしいスタッフの方々に、個人的なお礼の気持ちを伝えたいのです。飲み物一人あたりペットボトル一本ずつと作業してくれた各々に千円をお配りしているのですが、皆さんはだいたいお幾らほど、そしていつ渡しているのか、知りたいところです。



引っ越す時期によって、業者に支払うお金もずいぶん変わってくるようです。学校や職場が変わり、引っ越す人も増える春先は業者に支払う費用は高くなります。

同じく、土日、祝日なども割引はきかないことがほとんどです。いくら割高でも、引っ越しする日は変えられないことが多いものです。情報はいくらでも手に入ります。
引っ越しの総合案内サイトもありますので様々な業者から見積もりを出してもらうことが可能です。
相場はどのくらいかしっかり調べ、一円でも費用を安くしていきましょう。引っ越しして一人暮らしを始める時には、単身用パックを頼んだ方がお得になる場合が多いです。もし、大型の家具や電化製品を新調するのであれば、業者に頼まなくても、引越すことができるかもしれません。さらに、女性の一人暮らしだと、近所の方への、挨拶回りは差し控えた方が安全だといったケースもあります。我が家は近頃、三回目の引越しの経験をしました。引越しの作業はいつも大変ですが、慣れてしまえばなんともありません。

荷造り、荷ほどき、大体が私の仕事です。


主人は毎回家電、家具などの大きなものを掃除したり、片付けを担当してくれます。



けれども、今回は洗濯機の水抜きをやっていなかったので、新居の洗面所で水が漏れてしまいました。少し検索するだけでわかりますが、引っ越し業者の数はとても多いです。
ですから、どこそこを利用したい、などという思い入れも特にないのなら世間によく知られている大手業者を選ぶのが少なくとも、失敗はしないでしょう。

企業名で言うなら例えば、テレビコマーシャルで見かけることも多い、アリさんマーク引越社のような会社でしょうか。こういった大手は、多くの利用客を相手に仕事をしてきています。

ですから大抵のスタッフは経験を積んでいますし安心して引っ越しを任せることができるでしょう。通常の場合、引越しに追加料金がかかることはありません。ですが、これは、事前に引越し業者が、見積もりに来た場合や自己申告を行った時の荷物の量が正しいケースです。

引っ越し業者は、トラックの容量や作業時間で引越し料金を算出しています。

もしも、それらが大幅に上回る時には、追加料金を取られるでしょう。引越しのアートは、CMで見て存じでおりました。ドラエモンをイメージキャラクターとして使用されていたので、子供の意見を尊重し引越しのアートに決めました。



引っ越しのトラックにはどらえもんが書いてあって、子供も楽しんで引越しができたようです。

価格やサビスにも満足できましたから、引越しのアートに頼んだことは良い結果となりました。子供が生まれる前の事、夫婦二人暮らしをしていた時に完成したばかりのマンションを購入できまして、住まいを移すことにしたのでした。引っ越しの日、スムーズに作業は進みましたが、結構大きめのテーブルを運ぶ時、取り外せるはずの脚が、全然外せなくて、仕方がないので、その形のまま運んでもらったら、不当な値段などではなかったと思いますが、追加料金が発生してしまいました。見積もりをもらった時にでもどういう時に追加料金を払うのか、知っておきたかったです。
引っ越しが完了して、無事に新しい住所での生活を始めるにあたって免許証の住所変更は、なるべく早めに手続きしておく方が良いです。
「免許証は所持しているだけで殆ど車は運転しない」という理由で、次回の免許更新の日を迎える時まで現状維持で押し通す気でいる人も、少なからずおられるようです。
ですが、運転時の携行義務以外にも、免許証を使う機会というのは意外と多いです。
例を挙げると、携帯電話の申し込みだったり、機種変更の際に運転免許証を本人確認書類として使う人は多いです。


それに、金融機関で口座開設する時も必要になります。
住所変更だけなら手数料もかかりませんし、なるべく早めに済ませてしまいましょう。

姉は居住しているアパートから実家である我が家に戻ってくることになりました。それを手伝うため、私と母が、移動の前日に引越のための作業の手伝いに行きました。



10年も住んでた部屋にみあうだけ、不用品の数が計り知れない事になっていました。

不用品を買ってもらってしまうと、軽トラの荷台にまだ倍は積めるほどになり、さほど苦労せず引越ができました。

引っ越しの際の出費について、思っていたより高い、と感じる人が多いのは工事費用が必要になる、エアコン関連の出費になります。
設置も取り外しも、専門の人に任せることになりますから、取り付け費用も、一台について軽く一万円ほどはかかるようです。

もし、エアコンの工事も引っ越し作業としてサービスでついている場合は値段はそう高くはならないようですが、引っ越し業者はエアコンを新居に運ぶだけ、そして工事をどこにも頼んでいないという場合は、改めて専門業者に取り付けを頼むか、新しい物を購入して、店の人に取付工事と古い物の引き取りを頼むかよく考えてから、判断しましょう。

引っ越しは一つの転機であり、日常生活の細々したことを再点検するでしょうが、日頃見落とされがちなNHK受信料についても検討しなければならないでしょう。引っ越し後はテレビのないライフスタイルを選ぶのなら、どう考えても受信料を払う必要はありません。



口座からの引き落としやカード払いならばそれを解除し、NHKに解約手続きを申し込む手続きを、やってみる価値はあります。


引っ越しもいろいろな方法がありますが、私の場合は業者さんに依頼したのは大きいものだけであとのものは自分たちで運びました。

荷物の移動が一段落したところで、住民票の移動も済ませました。

何かと見落としていたこともあったけれど、力を貸してくださる方もたくさんいて、本当にありがたいことです。


ご近所への挨拶も済ませ、手続きも荷物の整理も山積みですが、一つずつ片付けます。

関連記事

Copyright (c) 2014 引越し費用を節約するためには、賢く業者を選ぶ事 All rights reserved.