引越し費用を節約する最大のポイントは、良い引越し業者を選ぶことです。簡単に決めずにしっかりと吟味してから決めましょう

転居で最も必要なものは運搬物を入れる

転居で最も必要なものは運搬物を入れる

転居で最も必要なものは運搬物を入れる箱です。


細かいものもきちんと整理して段ボールに入れれば、転居の作業時間も大幅に短縮でき、スタッフにも感謝されます。
ダンボールは引っ越しの会社がサービスでくれることも多数ですので、見積もりを依頼する時に確かめておくとよいでしょう。引越し業者に指示を受けると思いますが、引越しの前日には、前もって冷蔵庫の電源を抜くようにしておきましょう。その理由は、冷凍庫に付いた霜を溶かし、移動前にあらかじめその出てきた水を取り除くことが可能になるからなのです。


こうしておくことで、移動しているときに、他の荷物や床などをぬらしてしまうことを防ぐというメリットがあります。これまで何度も引っ越しをしてきていますが、一つだけ大きな声で言っておきたいことがあります。

「引っ越し業者に壊れものを運ばせるな」ということなのですが、これは心からの警告です。まだ引っ越し経験の浅かった頃、荷運びが済んで開梱していると、食器がいくつか、ヒビを入れていたのでした。

それが実は自作の皿で、大事にしてきたものでしたら、衝撃は大きかったです。



といっても、高い物ではなかったので、クレームを入れたりはしなかったです。


これから先の引っ越しでは、繊細な工芸品などは必ず、自分で運ぶようにしているのです。引っ越しもいろいろな方法がありますが、私の場合は大きい家具だけ業者に運んでもらい、他は自分たちの車で移動しました。ものの移動だけ終わらせて、市役所で転入の手続きをしてきました。何かと見落としていたこともあったけれど、誰かがどこかで助けてくれて本当にありがたいことです。


その日のうちにご近所さんに挨拶に伺い、荷物を整理するのはこれからですが、少しずつやっています。



我が家では今、ドラム式洗濯機を使用しています。

以前一度だけ転勤をし、その時は単身赴任ではなく、家族で引っ越しました。引っ越しの日、荷物を開梱していくと、濡れたダンボールを見つけたのですぐに業者に電話をしました。

原因は、洗濯機でした。
ホースの中の水が運搬時の揺れなどで出てきてしまい、それに気付かないまま運んできてしまった、ということです。箱が濡れていただけで、別段何か損害が出たわけではありませんが、まさか、洗濯機のホース内の水を抜く、という発想はありませんでしたからまた引っ越しの機会があれば、その時は忘れないでおきます。仕方のないことですが、最近、マンションやアパートで隣に住む人の顔さえ知らなくて済んでいるのがごく普通になっています。



そんなご時世であっても、会えば挨拶して、大変なことがあったときに助けを求められるような関係は保っていた方が良いでしょう。
そのようなご近所づきあいのきっかけとして、引っ越しから間を開けずに、手土産を持って、お隣に挨拶に行くことがまず必要です。

年金で食べていますが、市営住宅から一般の集合住宅へ場所を移す事にしました。年齢があがると、坂の少ない建物がいいです。
また、介護士の訪問等が来てくれる地域に住みたいという夢もあります。出来るだけ娘には、面倒を掛けさせたくありません。


私が移ったアパートはペットが飼育できないアパートです。

しかし、この頃、隣からネコちゃんの鳴き声が感じられるように思いました。

大家さんもそれを確認しており、頻繁に忠告をしたようですが、「一緒に住んでいない」の一筋だそうです。部分的にでも引っ越しを業者に任せると、費用面はたとえ全く同じ引っ越しだったとしても引っ越す時期によって決まります。
旅行と同じく、春、夏、冬の休み中は引っ越しが多く、繁忙期になるため基本料金そのものが高くなることが多いです。その点では、可能ならば繁忙期を避けた引っ越しができるならいろいろな意味でお得になってきます。なにしろ閑散期と繁忙期では、倍近く料金が違うこともあります。全ての人にとって引っ越しでは必ずダンボールが必要になるもので、サービスとして、業者がくれることもありますが、無料ではないとか、それだけでは足りないとかいう話も耳にします。


そんなときはスーパーなど、大きなお店に行くと、不要になったダンボールをもらえるはずです。
そうなるとサイズが揃わなくなります。荷物を詰めたダンボールを多数積み重ねて運ぶことになるので、同一サイズでない場合、よく考えて崩れないよう積んでいってください。引っ越し費用を一円でも減らしたければ、見積もりをとってから引っ越しの業者を決めましょう。

業者に来てもらい、実際に見てもらえば完璧ですが、いろいろな事情で、それが難しければ荷物がどのくらいになりそうか、電話で伝えれば最適なプランを教えてくれます。他社との比較をすることで他より安い値段で引き受けてくれることもありますから時間が許せばいくつかの業者の見積もりをとってください。マイホームに引っ越しした時には、隣のお家に挨拶の為に出向きました。

ちょっとしたお菓子を買い求め、のしを貼らぬまま渡しました。初の経験であった為、ちょっと緊張しましたが、マイホームなるものはこの後、ずっと住み続けるところなので、お隣のお宅とは、仲良く気持ちのよい生活していきたいと思って挨拶に参ったのです。私はこの町で仕事に就いたため、およそ10年前に現在住んでいるアパートに引っ越しました。
初めは3年くらいのつもりでここを離れて実家に帰る予定で、住所変更しなくても良いと思っていました。


けれども、思ったよりも仕事が楽しく、住んでいるところも便利で辞める気がどんどんなくなっていき、この土地で結婚しても良いかと思うようになり、実家よりもこちらの方が税金も安いようで、これから住所変更しても悪くないかと思っています。



国民年金の加入者が引っ越しをすると、国民年金手帳の住所変更の手続きをすることになっております。14日以内という期限のうちに、新居のある市町村の役所において住所変更手続きをしてしまいましょう。



手続きの際には、国民年金手帳と印鑑が必要なので、持っていきましょう。本人が行けないということであれば、委任状と代理人がいれば配偶者などを代理人として、手続きすることができます。勤め先が変わった事により、転居する事が決まりました。東京から仙台でした。ネットの光回線も当然、解消することになります。今度は、光回線ではなく、ADSLかWIFIにしようかと思っています。

近年、仕事が忙しく、インターネットをあまり使わなくなったからです。

関連記事

Copyright (c) 2014 引越し費用を節約するためには、賢く業者を選ぶ事 All rights reserved.