引越し費用を節約する最大のポイントは、良い引越し業者を選ぶことです。簡単に決めずにしっかりと吟味してから決めましょう

引っ越しをするとき、コンロには注意を向けておく

引っ越しをするとき、コンロには注意を向けておく

引っ越しをするとき、コンロには注意を向けておく必要があります。それは、他のものとは違い、元栓を締めておかないとならないからです。さらに、ホースや器具に微量のガスが残っていますので、喫煙しないのは勿論の事、部屋の窓等をしっかりと開け、換気しておくことが好ましいです。



家中のものを引っ越しのために整理していると、不要品は必ず出てきます。
処分するだけでも疲れてしまいますね。
こんな時に朗報があります。不要品引き取りサービスを引っ越し業者が行っていることです。
また、業者によっては、ものによってですがもともと有料で処分するべきものをリサイクルといった名目をつけて無料で引き取ることもあります。利用できるかどうか、聞いてみて損はありません。移転の相場は、ざっと決まっています。A社及びB社をにいて、、1.5倍も違うというような事態は見られません。



勿論、同等なサービス内容という事を要件にしています。


結果、一般価格より安価だったりするのは、この日のトラックや作業員が空いていたりする状況です。引越しを行うとなると、大量の荷物を入れた段ボールをジャマにならない場所に運んだり、業者さんと一緒になって家財道具を移動させたりと大忙しです。


少しの間頑張っていると、手のひらは真っ赤になります。業者さんの手をふと見ると、しっかりと軍手をはめています。引越し業者に引越しの依頼をするにしても、自分用の軍手が必ず必要です。大変な大掃除、それは引越しの時です。
全部を家の外に出してから、隅々まで掃除するのはもちろんですが、その前から、少しずつでも整理しておくのが最終的に楽になります。


コツは荷造りの前に、掃除からスタートすることだと思います。

そうすると、最後には軽くさっと掃除すれば仕上がります。
引っ越しの荷造りは大変なものですが、特に緊張するのは割れ物の対応です。

一瞬で傷ついたり、壊れたりするものなので、油断はできません。

傷つけないように運ぶため、包むときにちょっと工夫しましょう。

ほとんどの方は新聞紙を使うと思いますが、大きさには余裕を持たせ、真ん中に底がくるようにして、一個ずつ包みます。新聞紙を丸め、くしゃくしゃにしてから伸ばして使うと緩衝材として役に立ちます。それから、持ち手のついた食器類などあれば、強度を増すために、飛び出たところを先に包んだ方が良いのです。
引っ越しをしようという時に、必要不可欠なものを挙げるとするなら、とりあえずダンボールを外すことはできません。荷造りではとにかく大活躍します。



大きさを色々揃えておくと、使い分けができて使い勝手が良いでしょう。相当多く使うことになるはずですので、心もち多めに用意しておくと、安心かもしれません。スーパーなどのお店からもらってくることもできますし、ホームセンターで販売もされていますが、利用を予定している引っ越し会社のダンボールを使うこともできます。

この方が丈夫で大きさも揃っていて、荷造りしやすいかもしれません。
引っ越しにより、いろいろな事務手続きが必要となってきます。

中でも特に重要度の高いものとしてはやはり、自動車関連でしょう。

運転免許証は、登録住所を新しい住所に、変更してもらわないといけませんが便利な本人証明書という側面も大きいこともあって、すぐに手続きを済ませる人が多いのです。



でも、大事な車庫証明の登録は忘れられていることがあります。


車庫証明登録のし直しは、免許証と同じで、警察署でできます。

なので、忘れずに免許証とセットで済ませてしまえば一石二鳥です。私は引っ越しの時に、自宅にたくさんあった不用品を売りました。
もう着ない服や使わない家具など、いろいろと出てきました。

業者さんに自宅まで足を運んでもらって、全部まとめて査定をしてもらったのです。

すると、思いがけない査定額となりました。

私の不用品が、お金へと変わったのです。
かなりありがたかったです。住居を移転する際、大型自動車を停止したり、荷物を廊下に置いたりするため、事前に隣近所の家に挨拶に行くのが常識です。

車の乗り降りや通行の支障になりますので、あらかじめ了解を得ておくと引越しが終わった後のトラブルも防げます。引越し業者に依頼した時は、そうした事も代行してくれます。



引越し業者から指示されると思いますが、引越しの前日には、前もって冷蔵庫の電源を抜いたほうが良いです。

その理由は、冷凍庫に付いた霜を溶かし、移動前にあらかじめその出てきた水を取り除くことが可能だからです。
前もってここまでやっておくことで、冷蔵庫を移動させているときに、他の荷物に水が掛かってしまうことを防げるのです。引越しの荷造りの時に、意外と困るのがグラスの梱包方法です。グラスをパッキングするには、まずは足の箇所に、梱包材を巻くことが大切です。梱包材とは必ずしも専用のものである必要はありません。
身近にある新聞紙やタオル等でなんともありません。その後、全体をぎゅっと梱包すれば、グラスが割れる恐れなく運ぶことができます。物件探しについてなのですが、私は近くの不動産屋さんの店舗に出向いて、物件探しをお願いしました。その不動産屋さんの人がとても懇切丁寧だったので、すぐ信頼し、その人が勧めてくれたものの中から、一つを選びました。
違う不動産屋さんも訪れてみるつもりだったのですが、別のお店の物件情報も、こちらで紹介可能ということを教えてもらいましたから、あちこち出向かずに済みました。

引っ越しでは見積もりはなるべく早くに依頼したらいいですね。

引っ越しの直前に見積もりをお願いすると、じっくり検討せず先に進めてしまうこともあります。また、早々と、引っ越しの業者にお願いする方が引っ越しの費用も抑えられるでしょう。転居まで日程が厳しいと、頼める業者も少なくなる場合も考えられるので、注意する必要があります。

引越しのその日にやることは2点です。ひとつめは、退去する部屋では荷物を運び出した後に管理会社の立会いのもとで部屋の状況をチェックすることです。

ここでひどい汚れや傷の点検をしますが、この確認が敷金の補填や別途クリーニング費用の請求に影響します。
新しい家ではガスの元栓を開けることが必要です。

これは業者の立ち合いが絶対です。


関連記事

Copyright (c) 2014 引越し費用を節約するためには、賢く業者を選ぶ事 All rights reserved.